Counter

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

My Game Award 2019

今年も今日で最後なので恒例のやっちゃいます!

「My Game Award 2019」

今年は「LOVE! FANTAZYZONE 2019」「ウィザードリィの深淵2」を出しまして、どちらも高い評価を頂き感謝しております。

それ以外のトピックはなんと行ってもセガ公式さん主催のオフ会にお呼ばれしたことですね! 長年セガファンやってきて本当に良かったと思いました。
来年はそのセガの60周年なので、そのアニバーサリー企画として「セガ60」なんてのも進行しています。こちらもご期待ください。

 

それでは、

カウントダウン、スタートッ!

 

※当エントリーは「今年私がプレイして面白かったランキング」であり、「今年発売されたタイトル」とは限りません。


---------------

 


10位:ラブプラス EVERY(Android)

 

なんとなくこれぐらいの位置にスマホゲーが入るのがパターンになってますが偶然でしょうw

「ラブプラス」は初プレイですし、そもそも恋愛シミュはほとんどやってきてないんですが、やはり色々と琴線に触れるというか人気だったってのもよく分かりますね〜。
家族は誰も何も言わないのに、ネネさんだけが誕生日を祝ってくれて・・・な、泣いてなんかないんだからね!

 

 


9位:アストラルチェイン(PS4)

 

大好きなディベロッパーの1つ、プラチナゲームズの新作!

種々様々な能力を持つレギオンを駆使し戦うアクションアドベンチャーです。主人公とレギオンを同時に操作するのはもどかしいのですが、そこが楽しさのキモでもあります。プラチナらしいド派手なアクションも最高でしたね。

ただ、喋らないタイプの主人公なので会話パートは違和感があり、その部分で没頭しきれなかったな〜と思います。

 

 


8位:ゼルダの伝説 夢をみる島(Switch)

 

ゲームボーイの名作がSwitchに復活!

旧作は未プレイなので新鮮かつ懐かしい感じでとても楽しめました。これぞゼルダ!って手触りでしたね。「ブレス オブ ザ ワイルド」は紛れもない傑作ですが、こっちは王道ゼルダといえる違う楽しさがあります。謎解きもアクションもバランスが良く(ちょろっと攻略サイトに頼っちゃいましたがw)、古き良き作品のリメイクの良さを味わえました。
もっとこういうのを増やしてって欲しいですね♪

 

 


7位:ドラゴンクエストウォーク(Android)

 

「ポケモンGO」はハマれなかったので、こっちはどうかなと思ってましたが、位置情報ゲームを上手くドラクエに落とし込んでいて楽しめました。いつも通勤時に起動してまして、私の職場は駅からすぐで便利なのですが、DQWの目的地設定に出来ないぐらいの近さなのでこれはこれで残念だなぁとw

 

 


6位:バイオハザード7 レジデントイービル(PS4)

 

2年前のタイトルで、面白いと聞いていたのでやりたいとずっと思ってたのがようやく叶いました。バイオは「4」までやっていたものの「5」「6」の評判が悪かったのでそれっきりとなっていましたが、「7」はまさに原点回帰とも言うべき作りでとても面白かったです。でも流石に怖さは初代には叶わなかったかな?w

 

 


5位:スーパーロボット大戦T(Switch)

 

久しぶりのスパロボです。ダンバインとレイアースが出るならとやってみましたが、やはり面白いですね〜。特にレイアースが良かったです。アニメは見てませんでしたが、サターンのゲームはやったのでざっくりとあらすじ知ってる程度でした。主人公たちの真っ直ぐな力強さが好印象です。

ただメインシナリオはいまいちだったかも。

 

 


4位:DETROIT BECOME HUMAN(PS4)

 

これでも今年のタイトルではないのですが、評判が良かったのでやってみました。人工知能が自我を持つという古典的で使い尽くされた題材にも関わらず、今現在ならではの切り口と個性的な3人の主人公がとてもエモーショナル。分岐で多岐にわたるシナリオ展開にもハラハラさせられました。

 

 


3位:十三機兵防衛圏(PS4)

 

SFのシナリオという点ではこちらも引けを取りません。13人の主人公たちがそれぞれに悩んで恋して戦っていき、最後に「機兵」と呼ばれる巨大ロボットで最終決戦に向かう様はとても胸が熱くなりす。搭乗シーンの演出は定評のあるヴァニラウェアのアニメでも1つの到達点ではないでしょうか。

ただ、でっかいロボットが怪獣相手に大暴れするような派手なアクションを期待していましたが、そこは思ってたものじゃなかったのだけが残念でしたね。
とはいえ、多くの人にプレイしてもらいたい名作です。

 

 


2位:デッド オア アライブ6(PS4)

 

「DOA5」もよくアーケードでやってましたので待望の新作となればマストバイですよ!

今年のはじめはひたすらこれのネット対戦ばかりやってました。といってもCランク止まりなので大した腕前じゃありませんがw

ブレイクブローなどの新システムもいい感じですね。
でもリリース直後で衣装集めの仕様がダメダメ過ぎたので評価落としちゃったのが惜しかったのと、EVOなどの大きな格ゲー大会に種目として出てこないのはとても残念です…。未だエロ要素が強いので避けられてるのでしょうか?

 

 


1位:新サクラ大戦(PS4)

 

今ちょうど折り返し地点なんで最終的な評価は出せませんが、やはりこれを選ばざるを得ません。

リリース前、最初にキャラを紹介された時と新しい「ゲキテイ」を聴いた時の違和感はかなりありましたが、慣れればこれはこれで良し!となりますね。特にキャラはCGモデルですので、プレイしちゃえば「藤島キャラじゃないとー!」てのは全然感じません。
そうして念願のリリース。最初にオープニング動画で思わず涙…。今まで数えきれないほど多くのゲームやアニメをプレイし観てきましたが、オープニングで泣いたのは初めてのことです。
「我々は14年待ったのだ!」
クリア後にどういう感想を持つのか、楽しみであります。

 

 

 

-----------


トップ3はとても悩みました。どれが1位になっていてもおかしくないところですが、「心を動かされた」というポイントで順位付けしてあの結果としました。

 

今年の後半は大作ラッシュで「デス・ストランディング」「シェンムー3」が未プレイのままなので早々に取り掛かりたいところです。去年の「スパイダーマン」も気になってますしねぇ。

 

では、また来年も変わらずアワードをやりたいと思います。

良いお年を!
 


コメント
明けましておめでとうございます!

デトロイトもスパロボもバイオも面白かったですねー。
バイオはVR補正あると、めっちゃ怖くなりますが、めっちゃ酔うので薦めにくいのがね…。

プレイした事ないのでは、十三機兵防衛圏が気になっているところでした。
そんな胸熱ストーリーだったとはプレイの優先順位を上げなければ…。

それでは、今年もよろしくお願いしますー!
コメありがとう〜。
十三機兵イイっすよー!超骨太なSFでした、
街・428・シュタゲなどが好きならマストっすね。
  • Pin
  • 2020/01/04 4:56 PM
あけましておめでとうございますー。
うん、新サクラは1位で良いと思います。クリアするのを楽しみにしていますね。
DOA6は逆にエロ要素を抑えたと聞いていたのでプレイしていませんでしたが(笑)ソロプレイだけでもやってみようかなー今まで全作やっているし…アストラルチェインが思ったより低めなのが意外でしたー。
今年もよろしくおねがいしますー!
  • ミカサ
  • 2020/01/05 12:45 PM
あけましておめでとうございます。

アストラルチェイン、ゼルダ、十三機兵防衛圏と、今回も気になっていたソフトがたくさんありました。
特に十三機兵、見た目からしてすごく好みなので、機会があればプレイしてみたいです

それでは、今年もよろしくお願いします。
  • 無月
  • 2020/01/05 4:31 PM
十三機兵は遊んだ人から焼きそばパンがいい味出してるというのを聞いているのでその辺りが何なのか気になりますw 

Pinさんがバイオを遊んでいるイメージがなくてちょっと以外(゚∀゚)
ラブプラスの最後の文章に目から汗が...頑張れお父さん!w

今年もよろしくお願いしますー!
  • 2020/01/07 1:51 AM
コメントする