Counter

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

ゲームアワード2016

全くもってご無沙汰状態で申し訳ございません。
すっかり放置プレイ続行中の当ブログでしたが、これだけはやっておかねばなるまい…ッ!ということで超久しぶりの更新です。

 

今年もやるでぇーッ!ゲームアワード2016!
開幕だぁーッ!

 

例年はブログを見返してやってきたゲームのおさらいをしてましたが、今年は全然更新してないので何やってきたのか結構不明ですw
でも実際のプレイ本数は減ってますねぇ。でもこれは同人誌づくりとかに時間を取られちゃった故なので、まぁしょうがないかなと思ってます。面倒くさくなってゲームしなくなったとかのネガティブな理由じゃないので良しとしましょう。

では、始めますぞ。カウントダウン スタートォッ!

 

※当エントリーは「今年私がプレイして面白かったランキング」であり、「今年発売されたタイトル」とは限りません。


-----------------------------------


10位:FARCRY PRIMAL >> レビュー

 

「FARCRY」は好きなシリーズですが「3」が一番良くて出る度に悪くなってる状況はどうなのかな〜と。現代から原始時代へと大きく舞台を変えたはずなのに、やってることは従来と大差ないってのは劣化してってんじゃないのかなぁと思っちゃいます。

 

 


9位:Threes!

 

2014年のゲームですがつい数ヶ月前に知りまして、それ以降かなりハマっております。実にシンプルなルールなのに高いゲーム性を持つパズルゲームですが、そのゲームデザインの見事さに感動すら覚えるレベル。ハイエンドマシンのゴージャスなAAAタイトルも良いですが、こういう質素で美しいゲームもまた同様に素晴らしいのです。

 

 


8位:INSIDE >> レビュー

 

名作インディーズゲーム「LIMBO」の直系子孫である「INSIDE」。こちらもまたシンプルな謎解き横スクロールアクションゲーム。そのイマジネーション溢れるパズル性に加え、多くを語られないながらも意味深い物語要素が味わい深かったです。
PS4向け日本語版も先月リリースされました(と言っても言葉はメニュー周りしか無いw)ので是非一度プレイして貰いたい作品です。

 

 


7位:龍が如く6 命の詩。

 

現在プレイ中ですが恐らくもう終盤に入ってる頃というところです。街もようやく店に入れるようになったり、バトルシーンが改善されて従来より大きくパワーアップしてるのが如実に感じられます。
とうとうこれで10年も続いた桐生一馬の英雄譚も終焉。不器用なヤクザの物語はどういう結末を迎えるのか。長い付き合いだったキャラとの別れは寂しくもありますが、彼の人生に平穏が訪れることを願っております。

 

 


6位:セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE

 

こちらもついに「FINAL STAGE」となってしまったセガのシリーズ。最初のスペハリから開発のエムツーさんは素晴らしすぎる仕事でレトロゲーマニアのハートを鷲掴みにしてきましたが、とうとう大団円を迎えてしまいました。
・・・否ッ!終わりかどうかは我々にかかっている!売上が良ければ「アンコール」か「大復活」か「帰ってきた」がある違いない!それを信じて我らセガファンは買って待ち続けようではないか!

 

 


5位:DOOM >> レビュー

 

これぞお下劣ゲームの首位打者!グロい化物をマシンガンやショットガンで蜂の巣にし内蔵をぶち撒けまくる!テレビゲームってのは実に多種多様な感情を喚起してくれる娯楽ですが、悪趣味系で言えば今年ナンバーワンだったかと思います。なおかつ出来が良いってのも大きなポイントです。Search and Destroy! Kill Them All!

 

 


4位:オーディンスフィア レイヴスラシル >> レビュー

 

華麗で繊細な叙事詩の一遍を紡ぐゲーム。これぞヴァニラウェアの真骨頂というべき作品。キャラも豊富で操作感がそれぞれ違うのもGOOD。色んな意味で日本製らしいゲームだなと思いますが、海外で作り得ない職人芸を数年に一度堪能できるのは幸せなことでしょう。

 

 


3位:龍が如く0 誓いの場所

 

「龍が如く6」が7位にランクインしていますが、面白さではこちらが上でしょう(「6」はクリアしきってないので最終的に評価変わる可能性はありますが)。シナリオの良さはシリーズを通しても上位のの方でしょう。それにキャバクラ経営(ミニゲーム)に何故かハマってしまい、物語そっちのけでひたすら遊んでたのも加算ポイントです。ただそれだけにサイドシナリオが駄目駄目なのはどうにかして欲しかった…。キャバのラストの酷さは堪らんかったでぇ…。

 

 


2位:Uncharted 4: A Thief's End >> レビュー

 

プレイヤーを楽しませよう!という意識と技術が実に高いレベルで結合したのがこの「アンチャーテッド4」です。グラフィックも演出もアクションも何から何まで凄いという感想しかありません。映画的なゲームはここで一つの到着点に辿り着いたのではないでしょうか。

 

 


1位:The Witcher 3: Wild Hunt

 

発売は2015年なので今年ではありませんが、それでも今年発売のどのタイトルよりも凄かったと断言できましょう。RPGというジャンルに於いては現在もトップに勲する存在であると考えます。これ程手が掛けられたゲームは中々無いですねぇ。シナリオは紆余曲折が多すぎて本筋を見失ってる感ハンパなかったですけども究極のオープンワールドゲームであることは間違いありませんね。

 

 

 

-----------------------------------


今年は…というか去年から同人誌づくりに没頭してますので、ゲームでき難い状態なのは痛し痒しというところです。しかしそれで得た繋がりや広がりは何物にも代えがたい素晴らしいものですので、もう暫く続けてまいります。
来年5月のゲームレジェンドに出す新刊についても近日中に発表出来るかと思っています。
更に秋にもまた別の新刊も出すべく企画中ですので、こちらも期待していただきたいところですね。

 

では、皆様、良いお年を!!!

May The Good Game Be With You!

 


コメント
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!

龍はやはり0が上でしたかー。あれ本当に面白いですもんね。シナリオだけでいけばプレイ中の6を除いてピカイチ。分かります。私もPS4買ったし、アンチャはプレイしておかなきゃと思う日が続いています。ラスアスも。後はDOOMもやはり面白そう!
気になるゲームがたくさんあって時間足りないですが、今年も本制作含めて、良い一年になりますように!先生の活躍を期待しています!w
  • ミカサ
  • 2017/01/01 11:02 PM
明けましておめでとー。
今年もよろしくです。

本数減ったと言いつつ、時間かかりそうな大作もかなりありますなー。
個人的には、そんな大作の影に隠れたINSIDEが面白そうな。
LIMBOが好きだったので、ぜひやってみたいですな。

ゲームレジェンドでまた会いましょう!
明けましておめでとうございますー!
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ウィッチャー3&アンチャが1位と2位きたー!(オールマイト風w)両作品とも作り込みが群を抜いていますからね〜。同ジャンルでコレ以上のクオリティのゲームは中々出てこないんじゃないかと思っちゃいます。

何気にThrees!が気になりました。パズルゲー好きなので気軽に遊べるタイプだとドハマりしそうな予感。

次の新刊の時はゲーレジェ行きます!
いったいどんな方のインタビューに成功したのか...発表が待ち遠しいです(゚A゚;)ゴクリ
  • 2017/01/05 7:50 AM
■ミカサさん

やっぱ龍は0でしょ。6もシリーズの中では悪いほうじゃないとは思うけど。
とにかくアンチャはやっておくべきタイトルですぞ。

■いっしんさん

INSIDEは体験版配信されたらしいので、まずそれを触ってみてはいかがでしょ?
LIMBOが好きだったならプレイして決して後悔することはないでしょうね。
ゲーレジェでまた!

■直さん

ウイッチャ・アンチャの如何にも「カネかけてます!」というパワープレイっぷりが凄いですよねぇ。
あんなんされたら和ゲー太刀打ち出来ませんてば。
Threes!はマジ時間泥棒ですよw 早々に課金アンロックしちゃいましょう。

新刊は週末に告知するので暫くお待ちを。
でもその時にはまだ「超大物x2」の名前は出せないかなぁ。
  • 管理人
  • 2017/01/05 10:22 PM
はじめまして。ハスと申します。
Pinさんの洋ゲーレビューをちょくちょく読んで参考にさせていただいてる者です。よろしくお願いします。

ウイッチャーが一番なのは納得ですね。ストーリー主導のRPGを上手くオープンワールドに融合させた点がすばらしいと思います。

DLCの血塗られた美酒は新マップ、全く新しいストーリーの追加で30時間のボリュームもあり最高でした!

ただ女性キャラの胸に変な布が巻いてある規制だけはいらなかったですね。

  • ハス
  • 2017/02/25 12:04 AM
コメントありがとうございます。
DLCは未プレイですがそんなにボリュームあったのですねぇ。
ソフトを入手した直後にDLC入りのGOTY版が出てがっかりしてました。
エロ規制は海外版の動画を見てとりあえず満足ですw
  • 管理人
  • 2017/03/15 8:48 PM
ご返答ありがとうございます。DLCは2000円程度ですのでお時間があればぜひぜひ。ワインの都、トゥサンでゲラルトさんの最後の勇姿が見られます!
  • ハス
  • 2017/03/21 1:33 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック