Counter

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『UNDERTALE(アンダーテイル)』レビュー

undertale

スプラトゥーンを超えたインディーズゲー

Howdy!
「UNDERTALE」というゲームはご存知でしょうか?
コンシューマ向けゲームでなくSTEAM公式サイトで販売されているPC向けのゲームで海外で今話題になっている作品であります。
日本での知名度はまだ殆ど無いに等しい状況ですがインディーズ作品にも関わらず極めて高い評価を受け、TIME誌が選んだ2015年度ベスト10にてあの「スプラトゥーン」を抑えて9位に選ばれるほど賞賛を浴びているゲームなのです。

スクリーンショットを見てもらえば分かる通り、8bit調レトロスタイルのRPGで音楽もPSG音源的なチップチューンで彩られています。作者も「MOTHER」等日本産ゲームに影響を受けたと公言していますので、新作なのにデジャブを感じてしまうような懐かしさ。
と言っても、レトロにこだわりすぎていない自由さもまた良し。ファミコン等では不可能な演出もシーンに応じて行っていますし、サウンドも中盤の展開で急に良くなり、ファミコンが急にスーファミになったような変化に驚かされました。
その枠にはまっていない自由さというのは「UNDERTALE」の魅力の一つ。演出も様々に工夫されていてチープな見た目に作っていますが良い意味で手作り感溢れる出来となっています。ここはインディーズのフットワークの軽さゆえでしょう。

戦闘はお馴染みのコマンドバトルですが、こちらの攻撃ターンでは「たたかう」や「にげる」等定番コマンド以外に「Threat(脅す)」「Cheer(応援)」「Insult(侮辱)」など色んなバリエーションがあり実にユニーク。
そして敵のターンでは一転してシューティングゲームのように弾除けで攻撃を回避するといった非常に変わったもので、上手くやればノーダメージで倒せますし全く攻撃してこないというパターンもあったり様々です。
なお、ゲームパッドにも対応してるはずですが、何故か私の環境では↑キーのみ反応しないという謎状況でしたのでキーボードでプレイしました。ここは残念な点でしたね。

魔物とのハートウォーミングな交流の旅(中盤までは)

「UNDERTALE」の何が評価されているか、それはシナリオです。
メインディッシュはレトロスタイルさでも一風変わった戦闘シーンでもないのです。

かつて人間と魔物が争い、敗走した魔物が地下に住む世界。
誤って魔物たちの国に迷い込んでしまった子供が人間の世界に戻るために道中出会った魔物たちと交流を深めて進んで行くいくというオーソドックスな物語です(なお主人公は一切しゃべらないタイプ)。
魔物の国と言ってもエンカウントで出てくる敵以外は基本的に皆フレンドリーで憎めない相手ばかり(鬱陶しくてしょうがないコミュ症野郎とかもいますがw)
そこまでは普通でしょう。私も終盤近くまでプレイしてて何処が絶賛されてるのか疑問でしたし。

しかしラスト間際で明らかになる隠されたエピソードと予想外すぎる超展開!
ここは本当に度肝を抜かれましたし、パソゲーならではの演出に息を呑みました(少なくとも家庭用ゲームでは見たことがない)。

と、全てを知ってるかのように語っていますが、私はまだノーマルエンドを1回クリアしただけです。「UNDERTALE」はマルチエンディングで全てのエンディングを見てこそ真髄を味わえるらしいので、まだ語る資格はないのかもしれません。

まだ日本語版はリリースされていないので英語版でのプレイでしたが、そんなに難しい英文じゃないと言いながらも100%把握しきれなかったのは事実。クリア後にニコ動に上がっている字幕付きの通常エンド動画を見て理解しましたが、やはりそれは残念なことです。

日本語版のリリースを切に願います。
トゥルーエンドはその時に目指したい。

実際ローカライズは予定されているとのことですし、嘘か誠かWIIUでも出るなんてウワサもあったり。文字自体が動きまくるなど演出がなされているので日本語化は困難でしょうが、是非とも期待したいところです。

しかしこれは辞書引きながらでも是非ともプレイしていただきたいタイトルです。PCですから翻訳サイトの利用もしやすいですしね。日本語版も出ないとは限りませんし、スルーするには勿体なさ過ぎるゲームです。周回プレイを前提にしてるのかクリアタイムも8時間と短めですから。
見た目のような「ほのぼの系」の心優しい物語ではありません、かなりのを孕んでいますがその闇に海外プレイヤーが毒させられてしまったのかもしれません。

レトロスタイルのゲームは今では珍しいものではありませんしむしろ食傷気味なきらいもありますが、「UNDERTALE」は他と頭3つぐらい飛び抜けた秀逸なゲームです。
是非とも多くの日本のゲーマーに遊んで「驚愕」してもらいたい!
Nyeh Heh Heh Heh!



>> 公式サイト undertale.com



コメント
このゲームの存在を初めて知りました!
気になるのでやってみようと思いますw
  • 北大のバカ
  • 2016/01/28 1:26 PM
これを教えてくれたアメリカの友人と先日話しましたが、本国ではかなりカルト的な人気となってるそうです。
是非ともプレイしてみてください!
  • 管理人
  • 2016/01/28 11:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック