Counter

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

スペハリ本製作記-7 「宴」

その7 「宴」

← その6「最大の危機」


若干の不安感を感じながら向かったのはJR川口駅横キュポ・ラ。ここがゲームレジェンド22の会場だ。

ようやくここまで辿り着いた…。

思ったより広い会場に着き、ぜくう氏や「ニチブツ毒本」のみぐぞう氏と合流。そののちにメンバーも集まり始める。残念ながら全員集合とはならなかったが殆どの人と実際にお会いするのは初めてなのでとても嬉しい。

準備を進めるうちに品物が届いたというアナウンス。本は無事に届いていた。「もしかしたら」という懸念は杞憂に終わりほっと一安心。

そうしてイベント開始
予想以上の人入りに驚いた。実際過去最高の入場者数で立ち入り制限がかかったほどだ。こういうイベントには初めて参加したので「そういうものか」と思ったが、かつてない状況だったらしい。
我らのブースにもドンドン人が集まり、まさに飛ぶように売れていくのを必死で捌く。ブースの斜め後ろではゲーム音楽を生演奏する参加者の区画となっていて、スペハリのテーマが演奏された瞬間はまさに最高潮ともいう瞬間だった。

スペースハリアーの30年

そして、あれよあれよと言うまに1時間半で400部完売。

あっという間の1時間半。入稿直後のようにまた虚脱状態となった。
緊張感からの解放、走り続けてきた疲れ、やりきった喜び。

全く思いもよらない売れ行きにただただ驚いた。300部超えれば御の字と考えて多めに用意していたはずなのに、まさかこんな短時間で終わってしまうとは…。会場で買えなかった方々には本当に申し訳なかったが、もっと用意しておけば…と後で言うのはナンセンスだ。

これだけの好評を博せた理由は、前述のとおり入場者数が多かったこと、ラッキィ氏がツイッターを中心に行った広報活動が上手くいったこと、サークル T][クロニクルさんの同じく30周年本「ザナドゥ バイブル」との相乗効果があったこと、などが考えられるだろう。

その後はもうサークルとしては片付け以外することがないので各ブースを見て回った。各所様々な趣向を凝らした頒布・出し物をされていて惹かれるものが多い。
いちゲームファンとして、とても楽しめるイベントだった。

---

閉会後の会場を後にして、メンバー以外にもBeepライターやゲストの方々とともに近くの居酒屋にて打上げ元Beepの方々の当時のお話が興味深く面白かった。
その後ラッキィ氏と秋葉原へ場所を移し、ゲームバーA-Buttonさんにて二次会。翌日ミカドさんにて会う約束をして駅で別れる。そしてホテルに帰着後、コンビニで買った酒で一人三次会。

ゲームレジェンド戦利品

会場で買った戦利品を眺めつつ、最高の舞台で最高の結果を出せた余韻をひとり夜更けまで味わい続けたのだった。



【END】

--------------------



自慢話は以上ですw
ちなみにこれは過程の上澄みだけですので。ホントは書けないようなことも色々ありました。

この製作記を書くことにした動機はその話を聞きたいというリクエストを頂いたのがきっかけですが、一番の理由は後に続く人が出てきて欲しいと思ったからです。
同人誌制作の経験はありませんでしたが、スペハリ30年という節目になにかやりたいという思いから突っ走ってきて完成に至ったのですが、やはり作ってて面白かったですし反響を聞いいてやって良かったとしみじみ感じました。

今年はスペハリとザナドゥ以外にもグラディウスやスーマリなども余に出て30年。これらの記念本も読んでみたいと思いますし、もちろんそれ以外何でも。

たしかに私は同人誌作りに適したスキル持ちですし、メンバーや協力者にも恵まれました。
でも「それが無いから無理だ」では決してないと思います。
要はどれだけそのゲームに対して情熱があり、それを形にしたいかの想いが何より重要でしょう。

「スペースハリアーの30年」の今後の展開は未定ですが、ゲーム同人会は思いの外楽しい世界でしたのでもう少し個人的に関わっていこうと考えております。
近々発表っ!…出来るよう頑張りますw



コメント
1時間半で完売になるとはすごいです、予想をはるかに上回る人気だったということですね。私も、同人誌ということで入手不可になることを怖れていましたが、ネット通販でなんとか手に入り、嬉しかったです。
作っているご本人も、周りの人も楽しくて、入手した人も幸せになる、最高ですね^^今後のご活動を楽しみにしています!
  • 2015/09/10 10:19 AM
ありがとうございます。
繰り返しになりますが本当にやってよかったと思います。
今後の予定は何とも言えませんが、少なくとも新刊については近々発表出来るかと思いますのでご期待下さい。
  • 管理人
  • 2015/09/10 10:40 PM
自分も以前当ページに載っていたサンプルを見てから欲しかったスペハリ本ですが、イベントへ行くのは色々と難しかったので迷いましたが、ネット通販があることを知り、無事手に入れることが出来たので本当に良かったです…(感激)。
毎回本を開く度、豪華すぎるメンバーと、やけどしそうなスペハリ愛に、興奮と衝撃で震えが止まりませんでした!
同時に自分はこれから「スペースハリアー」に対して、もっと敬う気持ちを持たなけば…と考えさせられてしまいました。
  • アホウのケツ
  • 2015/09/15 2:24 AM
いやいやw
敬う気持ちなんていらんですよ。たまに思い出した時にプレイしてみてください。
スペハリの面白さはいつの時代でも変わらないと思います。
それだけ愛を傾けるに値するゲームだったのでこれだけのメンバーが揃い語っていただけたのですし。
  • 管理人
  • 2015/09/16 9:53 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック