Counter

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

スペハリ本製作記-3 「レジェンドライター」

その3 「レジェンドライター」

その2「オペレータ」

ラッキィ氏はBeep誌の元ライターであるDr.KILL氏大滝みやび氏とかつて交流があり、今回の件で参加依頼を申し出てくれていたのだ。
これぞ僥倖!
80-90年代を過ごしたゲームキッズには忘れられない伝説のゲーム雑誌のライターにご寄稿頂けるとは!

私の昔の知人に「ゲーメスト」関係の人がいたのでそのツテを辿りそちらの方々にご参加願えないかと思い「企画書」のコンテンツ案にも入れていたが、まさかのそちら側に話がが通るとは全く予想していなかった。
残念ながら「ゲーメスト」の方は諸事情で叶わなかったが「Beep」もまた愛読誌だったので路線変更に異論などあるはずがない。

そのお二人を始めとして、YAS氏TAKE ON!氏そしてドクトルだみを(岩崎啓眞)氏と次々参戦が決まり、5人ものお歴々に原稿を頂けることになったのだった。
10年ほど前にBeepの復刻版が刊行されたが、その時でもこれだけのライターは集結しなかったそうな。毎号毎号本の端から端まで読み尽くしていた雑誌の元ライターさんを束ねて私が編集長だとは…。ファン冥利に尽きるとはこのことだが、大丈夫か俺?と不安も感じざるを得なかった。

Beep

なお、私が調べた他の元Beepライターさんでコンタクトをとったがわずかな手違いで参加が叶わなかった方もいる。ゲームレジェンド22終了後にその方から連絡をいただき「出来れば参加したかった」と残念がられていたが、その気持は私も同じである。出来れば何かの機会にご参加いただければと願ってやまない。


依頼後しばらくしてから原稿をぽつぽつ頂き始める。本来なら文字数をちゃんと指定するものなのだろうが、最低限の文字数だけを決めて「お好きに書いてください」とのスタンスでお願いした。ボリュームにばらつきがあるのはそのためだ。
なお掲載位置は原稿の到着順である。一部レイアウトの都合で前後したものもあるがほぼこの通り。


余談だがBeepロゴには「MAGAZINE FOR GAME KIDS」の副題がある。
寄稿コーナー「元Beepライター達の追想」の題字を作っている時にこの副題を「MESSAGE FOR GAME KIDS」とすることを思いついた。これは我ながらナイスアイデアだと思っていた…が、タイプミスで「MASSAGE FOR GAME KIDS」となっているのを入稿直前に気がつき慌てて修正した。
メッセージ送るんじゃなくマッサージしてどないすんねん!
ナイスアイデアどころか恥ずかしポイントになってしまうところだったのだw

---

ゲームレジェンド22の打上げにDr.KILL氏と大滝みやび氏とTAKE ON!氏にも同席頂いた。
その時に当時の編集部やライターの昔話、はたまた他紙発足の経緯派閥など非常に興味深いお話しを多々お聞かせ頂けた。恐らく今まで表には出てきていなかった事実であり、ヤバすぎて話せない内容もあるそうな。
ゲームキッズだった我らにはたまらない面白トーク炸裂である。

いつの日かこれらの裏エピソードが日の目を見ることを願ってやまない。


to be continued.



コメント
Beep懐かしいです〜中学生の頃だったかな・・一番楽しみにしていた雑誌でした。ソノシートの音は妙に迫力があって、後で別に買ったCD音源よりも気に入っています^^

復刻版の時よりも濃いメンバーさんたちが集まられたのですねぇ。商売抜きでこれだけ参加されるということは、pinさんのスペハリに対するアツい思いが伝わったのと、プロジェクトの狙いがはっきりしていたからこそですね〜

裏話とかとても興味がありますね・・表に出せないからこそなのだと思いますが、うまく伏字にして・・なんて期待しちゃったりもします^^
  • 2015/07/30 10:03 AM
超、お久しぶりです。
「ゲームコーナーよんぷら♪」の管理人「ば~る☆」です。

遅まきながら、やっと
「スペースハリアーの30年」を入手できました。

販売直後にすぐ欲しかったのですが
中々入手できず、悶々としていました。

が、某通販ショップで販売していることを知り速攻で注文。

たった今、読み終わったところですが
一言で言うなら「感動!」

いてもたってもいられなくなり
思わずここにコメントしてしまいました(^^;

読み応えたっぷりですし、
なによりこの本をみていると
スペハリが遊びたくなってウズウズしてきます。

コレほどの素晴らしい本を作って下さって本当にありがとうございました(*^^*)

●獣さん
いやぁ色々と教えてもらってとても楽しかったです。
それを書籍化してくださいとDr.KILLさんにお願いしましたが、刺されるかもしれないから絶対無理とのことでしたw 残念!

●ば〜る☆さん
おお!お久しぶりです!
今はブログでやられているのですね。当ブログと相互リンクお願いします!

たくさんの方々のご協力のお陰で素晴らしい本が出来ました。
それに伴い嬉しい反響も頂いていますので、本当に作ってよかったと思っています。

スペハリは是非ともプレイしてください。
3DS版でもアーケードでも!
多くの人にそう思わせることが私たちの目的だったのですからね。
  • 管理人
  • 2015/07/30 9:04 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック