Counter

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

装甲騎兵ボトムズ「幻影篇」「孤影再び」

先日ツタヤに行ったらたまたま旧作100円セールでしたので、ボトムズ「幻影篇」「孤影再び」を全借りしてきました。
いや、リリース当時から「見なければ!」とは思ってましたが、30分作品に新作料金はアホらしいなとセコい根性出してしまい今に至ってしましましたよw

装甲騎兵ボトムズ

「幻影篇」の前半は、ウド・クメン・サンサが舞台でバニラやゴウトなど懐かしい面々がいろいろ出てきて嬉しかったですね。
しかも第1話ではレッドショルダー(左赤)ベルゼルガバトリングという失禁モノ。
物語中では30年後という設定ですが、現実でもそれぐらいの時代が経ってますので、リアルタイムでTV放送見てたらこの再会はたまらんかったでしたでしょうねぇ。
残念ながらその当時は私が住んでたエリアでは放送していなく、10年ぐらいまえにDVDで一気に見たので懐かしい感が薄いのは事実ですが。

しかし後半は神とか教団とかのボトムズのつまんない部分が主題になってるのでイマイチでした。


「孤影再び」も面白かったのですけども、小説をアニメ化したものだからか所々展開がわからないところがありましたね。
もうちょっと尺長めでしっかりやって欲しかったなぁ。

でも黒いバーグラリードッグがカッコ良かったのでGOOD!
これとかブラッドサッカーとか、黒いATにハズレ無しの法則。

戦闘シーンも良かったですね。
「ペールゼン・ファイルズ」の時はなんかちゃちく感じられて迫力に欠けましたが、今回はグリグリ動いててキリコの無敵っぷりが存分に発揮され圧巻です。


ボトムズもいいんですが、こういった泥臭く戦争色の濃いロボアニメってもっと出てこないもんですかねぇ。
「ペールゼン」や「ラストレッドショルダー」のようにキャラの平均年齢高めで女子率が極端に低い、硝煙と機械油と加齢臭が臭ってくるようなロボアニメをw



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック