Counter

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『MAX PAYNE 3(マックス・ペイン3)』レビュー

MAX PAYNE 3(マックス・ペイン3

バレットタイム!・・・・そして時は動き出す

初代「MAX PAYNE」「バレットタイム」というシステムで銃撃戦を劇的にドラマチックにさせた名作です。
映画では昔からある手法ですが、時間をスローモーション状態にし(経過時間的に)瞬時に敵を殲滅させることが出来るといったカッコ良さと爽快感を兼ね備えたシステムなのです。
「MAX PAYNE」以降、今ではFPS/TPSでバレットタイムは定番となりました。

そして「MAX PAYNE 2」が2003年に出てからというものは一度映画化されたもののゲームでは長らく音沙汰なく、過去のタイトルとされていました。
が、2012年に不死鳥の如く復活!「Max Payne 3」が発売されたのです。


内容はとにかく渋くて難易度ヘビーで話も重い。
だが、それがいい!


主人公マックスは妻子を殺され半ば自暴自棄になった元刑事で、酒と鎮痛剤に溺れたダメ人間。昔の仲間に誘われ異国ブラジルで富豪の用心棒となりますが、その妻がさらわれて…といったお話。
序盤で「こいつが黒幕だな」とすぐ分かりますが、そのあたりはご愛嬌。

そんな彼がまた実にシブくてカッコイイ!!
こんなイカしたオッサンゲーは久々ですねぇ。和ゲーではまず見ないタイプのヒーローです。後半スキンヘッドになりますがこれがまたイケてるんですわ。私も頭丸めようかと思いましたよw

演出は実に映画的でして、シューター系でありがちな「ザコ戦→中ボス→ステージクリア!→リザルト表示→次ステージへ」といった流れではありません。明確な中ボスもいなく(そのポジションの敵は少々いますが)、スコア表示もなくシームレスに展開。一応ステージという概念はありますが映画さながらの展開でゲームは進行します。

見事な階段落ちに感動

難易度はやや高め。
しかし投げ出したくなるほどの鬼難度ではなく、ちょうどイイ塩梅に苦労させられる絶妙さに調整されています。終盤はかなり苦戦させられましたが、銃撃戦が楽しいのでストレスを感じません。
リトライがスムーズなのも好感度高し。


そして何より作りこみが非常〜に細かく素晴らしい!
敵の死に様のリアクション、車などオブジェクトが被弾したときの様子、ポリゴンキャラ達の演技などなど、あまりに自然すぎてコンピュータゲーム臭さがとても薄いのです。
動く、揺れる、壊れる、倒れる…「物の動き」の高品位っぷり!このあたりは色んなゲームやってきた人ほど感じてもらえるでしょう。
今時は見た目のグラフィックが綺麗なのは当然ですが、「Max Payne 3」では更に踏み込み世界の挙動レベルをさらにワンランク上げてきました。
Rockstargamesの誇る技術力とたゆまぬ作り込みの結晶といえましょう。

銃撃戦や爆発など映画的な派手さはありますが、ゲームとしてのケレン味は薄く保守的。
しかし単にドンパチやってるのが純粋に面白く、自然なアクションでその世界に違和感無く没入し、不器用な禿親父の生き様を味わうという非常にアダルトな傑作TPSであります。

コーヒー・サッカー・カーニバル
ブランカ・カポエラ・仮面ライダーアマゾン

何かのレビューの時にも書いた気がしますが、ゲームってのは家に居ながらにして異国の地や異なる時代を体験できるメディアです。(もちろん架空世界が殆どですが)
ニューヨークは一番登場しているでしょうし、パリロサンゼルス香港などもよくあります。国産ゲームでは当然日本も登場しますよね。あと変わったところではコスタリカとかベネズエラとか。

「Max Payne 3」のブラジルってのはゲームではかなり珍しい土地です。せいぜいレースゲームの実在サーキットで登場するぐらいでしょう。

で、またこの描かれ方が酷いのなんのw

スラムはヤバイし(実際そうなんでしょうが)、警官は暴力的だし、登場人物はロクでもない奴ばかりだしで物凄いネガキャン状態に。仮にブラジルに行く予定があればダッシュキャンセル確定です。
かつて「シェンムー2」での香港の描き方が酷いと中国人が怒ったって話がありましたが、「Max Payne 3」に比べれば全然可愛いもの。ブラジル大統領はR★を助走つけて殴るレベル

ま、そういう現実とバーチャルの区別がついてない馬鹿大人発言はさておき、劇中ではポルトガル語が頻繁に飛び交います。これは意図的に訳されていないのですが、米国人であるマックスが言葉の分からない異国の地で難儀する様子がよく分かるナイス演出でした。
逆にポルトガル語がわかる人ならまた違う楽しさがあるでしょうね。


なおちなみに「シェンムー2」の件、セガは「そもそも中国に出荷してない」というオチでしたとさ。


コメント:そういやR★ゲーってカッコイイ親父は登場しても、女キャラの扱いはどれも悪いのばっかだね


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック