Counter

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『タイムトラベラーズ』ぷちレビュー

タイムトラベラーズ


名作アドベンチャー「街」「428 〜封鎖された渋谷で〜」「428」レビュー)を手がけたイシイジロウの新作「タイムトラベラーズ」をクリアしましたのでその感想です。
前2作はチュンソフトからの発売、今作はレベルファイブ移籍後のタイトルということで関連はないかと思いきや、「428」のキーキャラクターのタマが所々登場し、序盤のTIPS(用語解説)中にも428ネタがちらほら出てますので、事実的に続編と言って差し支えないでしょう。

しかし前2作は実写の1枚絵+テキストで物語が進みますが、「タイムトラベラーズ」ではポリゴンキャラが動くわ喋るわ。
プレイ感覚は全く別物で、「読む」から「観る」に大きくシフトしてます。

そのせいかどうかは分かりませんがとにかく簡単。終盤以外悩むことはありません。
物語をぼーっと見ていて、たまに出てくる選択肢を選ぶのみ。間違えれば即バッドエンドなのでむしろそれを回収目的で変な選択ばかり選んでしまいます。
「プレイイングシネマイベント」といういわゆるQTEが時折求められますが、これもちょっとしたアクセント程度のもの。大したことありません。


正直言って今回あまり面白いとは思えませんでしたねぇ。
終盤で序盤の謎が一気にグーッと解けていくのはいいんですが、タイムトラベル物にありがちなプロットのややこしさも出てしまっています。
登場人物も過去作に比べて凡庸。好きになれるようなキャラはいませんでした。
ルサンチ☆マンというヒーローキャラが今回のコメディリリーフかと思いきや、ただの現実から逃げてる甘ったれニートなんで笑えませんし。(流石にラストはキッチリしめてくれましたが)

イシイジロウ作品らしく、いろんな小ネタが差し込まれてるのは面白いんですけどね。
謎の女性がアレとアレのオマージュだとか、ウルトラセブン最終回的な演出とか(気づいた人はオッサンかウルトラファンかのどっちかでしょうw)。


「街」「428」はアドベンチャーゲーム史に残る偉大な作品でしたが、「タイムトラベラーズ」は残念ながらそれらに並ぶに至りませんでした。
残念!


クリア後のおまけもややイマイチでしたしね。
2012年にいるヒロインと未来にいるプレーヤーとのケータイがなぜか繋がるというものですが、電話かけてもちょっと話ししたらさっさと切られちゃうのでウザがられてるようで楽しくないw

気のあるあの娘へドキドキしながら電話したのに会話が続かず切られてしまう…、そんな苦い過去を思い出しましたよw



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック