Counter

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『PROTOTYPE 2(プロトタイプ 2)』レビュー

PROTOTYPE 2
※日本未発売

…し、静まれ……俺の右腕…ッ!

残虐系箱庭ゲー「PROTOTYPE」の続編『PROTOTYPE 2』をご案内致します。

「PROTOTYPE」と言えば、ツメにハンマーにブレード等に自らを変化させバッサバサと敵を薙ぎ倒し、人や感染者を喰らい、戦闘ヘリや戦車を蹂躙するッ!といった超俺tsueeeeeゲー!

前作では最強の存在は主人公Alex Mercer(アレックス・マーサー)のみでしたが、今回はその能力を与えられた元軍人James Heller(ジェームス・ヘラー)。「力」を持つものは一人ではなくなったのです。さらに彼の他にも能力者は存在し、ニューヨークはより一層の混迷に陥るのでした。

しかし黒人が主人公のゲームって珍しいですね。GTAの「サンアンドレアス」「VCS」「ゲイトニー」等がそうでしたが、それ以外では記憶に無いですわ。


『PROTOTYPE 2』はとにかく移動が気持ちイイ!数ある箱庭ゲーの中でもトップクラスの心地よさです。
地を走れば誰よりも速く、超高層ビルを苦もなく駆け登り、ビルからビルへ滑空して飛び移る。戦車やヘリに乗るより自分で飛び回ってるほうが早いし強いし爽快なのです。普通ですと乗れる乗物がその2つしか無いってのはマイナス要素なんですが、自分自身が最高なんでそう大きな問題ではありません。
この疾走感を味わうためだけでも『PROTOTYPE 2』をやる価値があるでしょう。

Bio北斗神拳

難易度はかなり下がりました。
ちょっと強めの敵に取り囲まれてボコボコにされることだけ気をつけていればゲームオーバーになることもそうそうないですし、ラスボスもパターン読んじゃえば余裕っち。
俺tsueeeeeゲーは多少簡単めな方が良いと思いますが、もうちょっと手応えがある方が良かったですね。
難易度設定を上げれば済む話ですが。

敵からの攻撃に合わせ、華麗に回避して反撃。やたらスタイリッシュでビューティフルなんですが、時々カメラワークが悪くなるのはダメでしたね。混戦時なんかは最悪です。

特殊能力は前作とやや変わっています。外装骨格のArmored Formが無くなったのはまことに残念。カッコ良かったのになぁ。
その代わりにTendrilsやBioBombといった触手系がプラスされています。特に面白いのがBioBomb。相手の首筋にプチュッとBioBombを打ち込むと体がゴボゴボとふくれた後にボカンと触手が拡散→収縮して周囲の人間やオブジェクトを巻き込んで木っ端微塵ってモノ。
一般人やザコにしか使えませんが、ケンシロウが秘孔を突くみたいな感じで楽しいです。

武器は軍人から取り上げるのが基本ですが、ヘリ・戦車から武装を引きちぎってご利用ってのが面白いし強力なのでオススメ!
ビルの上からヘリに飛び移り、ロケランを引っこ抜いて地上へダイブ、落下しながら狙い撃ちしてヘリ撃墜!なんてやってると俺kakkeeeee!ですよw

レベルアップや能力もこまめに追加されるのも小気味よくてイイ感じ。


前作のグラフィックはやや残念な出来でしたが、今回はかなり良くなってますね。
倒壊したビルなど街全体のダメージ表現が凄いですしよく作りこんでいるなぁって感じです。もちろん他の箱庭ゲーも細かい点を作りこんでいるのでしょうが、そういう部分を見て回りたいと思わせてくれる舞台ってのは大きなプラスポイントでしょう。

摩天楼の頂きから望む悪鬼の跋扈する澱んだ魔界都市。
街並みが綺麗な箱庭ゲーは数あれどこの雰囲気は上々です。

幕間ムービーもモノトーンと赤を基調にしたグラフィックがグッドです。

やや出来の良くなった続編ってのが一番レビュー書くのムズいのよ

前作の悪い点はやることが少ないということでしたが、今回だいぶ改善されているものの同じようなミッションの繰り返しってのは変わらずでした。

「GTA」でも「スカイリム」でも箱庭ゲーのミッションってのはだいたい同じようなことを何度もやらされるモンですが、それをなるべくそれを感じさせないように演出なされているもの。しかし『PROTOTYPE 2』はその見せ方に工夫がなくメインミッションだと5-6パターンぐらいの繰り返し。「またこれか」というのが何度も来ます。

折角これだけ魅力的な舞台とキャラクターを用意してるのですから開発者にはもっと知恵を絞ってもらいたかったですねぇ。勿体無い。


欠点は前作よりマシになっているものの、根本的な改善はなされていません。
しかしグラフィックや演出はパワーアップ。移動や戦闘は相変わらずサイコー!

手堅い続編と言えましょう。


そしてまた今回も残念ながら日本語版の発売は無さそうです。
日本もだいぶグロに寛容になってきましたが、これだけ人体をザクザク斬ってバラバラにしちゃう内容はまだまだキビしいでしょう。
アクションゲームとしても良作だけにもっと多くの人にプレイしてもらいたいと思いますが。

それに今回は触手要素が加味されてますので、触手大好きHENTAIジャパニーズにもウケそうですのにね!
でも真っ直ぐズバーンと伸ばすんじゃなく、もっとウネウネグニグニいやらしくヌメりけたっぷりに動かせないとダメかな?w

そんなゲームどっか出してくれませんかねェ?


>> 関連『Prototype(プロトタイプ)レビュー


コメント:キャラ操作が楽しいゲームは良いゲームというならば、Prototypeは間違いなく良いゲーム


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック