Counter

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『はるうられ』レビュー

はるうられ


「天使たちの午後」はプレイしましたが



「はるうられ」ってそんなゲーム知らないって方は多いでしょう。
しかし一部には「それ来るかw」と思われる方もいるでしょう。
今回紹介します「はるうられ」は当レビュー初のPCゲー、しかもエロゲーですw
なお、単品販売している品ではなくアリスソフトのファンディスク「アリス2010」に入ったゲームの1つなのです。


まずこのゲームを紹介する上で先に説明すべきタイトルがあります。
同メーカーの作品「大悪司」
これは「信長の野望」の様な地域制圧型シミュレーションで、終戦直後を舞台にヤクザの組を率いてオオサカ全土を支配下に収めるのが目的といった内容のゲーム。
特徴的なのは資金の稼ぎ方で、戦闘で捕獲した女キャラ等を調教して売春宿で働かせるというトンデモないものですが、システムとエロとが見事に融合し「エロゲーとはかくあるべし」と非常に感心させられたものです。
ちなみに捕獲キャラは味方ユニットとして戦わせることも出来るので、どちらで使うかがジレンマでもあるのです。

実際ゲーム自体とても面白く、やれることは非常に多いのに自分が動けるのは僅かで、如何に上手く思うように進めていくかがもどかしくも楽しいという傑作ゲームでした。

私は基本的にエロゲーってのは殆どプレイしてきてないので、所詮は18禁電脳紙芝居で大したゲーム性なんて無いと決めつけていた中、たまたまプレイする機会があった「大悪司」に目からウロコの思いを味わされたのでした。(友人曰く、大半が紙芝居らしいんですがw)


そして今回の「はるうられ」はその売春宿経営パートのみを抽出したような内容となっています。



すべての女は消耗品である。



ジャンル的には経営シミュレーション
学生や女教師を無理やり拉致監禁し売春クラブで働かせるという鬼畜な内容。
といっても売春シーンは小さい1枚絵のみでイベントシーン以外エロ要素は薄めです。

経営モノでユニットを扱うゲームシステムですが育成要素は低く、容姿・技術・精神のパラメータと巨乳や病弱といった属性がある程度。
容姿値が高ければ客が付きやすく、技術値が高ければ高い報酬を得られるといった具合。客を取らせる度に精神値が下がるので、主要キャラ以外の女の子は基本的に使い捨てです(ひでぇw)。

売春クラブというも通常の風俗店のように全員一同からお好きに選んで下さいっていうのではなく、その都度1人ずつチョイスして店頭に出すちょんの間システム
飛田新地のやり手ババアの醍醐味を味わえます。

客の登場順序を把握し、他店の嬢を考慮し、最適な手札を切る。
経営シムと言うよりカードゲームに近い感覚ですね。

そう難しい内容ではないのでちょっとコツを得れば進める分には問題ありません。
イベントシーンやキャラ別エンドを見ようと思えば色々考えなければなりませんが、そこはこれのゲーム性の部分なので楽しむべきところでしょう。



簡素ながらも骨子がしっかりしているので、ゲームとして十分面白いレベル。ちょっとだけプレイしようと思ってて、気がつけば数時間ってのもザラです。
ただファンディスクの1要素という位置づけで予算の関係なのか、イベントや主要キャラ数が薄くボリューム不足なのは否めません。(今回私はライトなゲームを求めていたので丁度良かったんですが)

エロゲーってのはイベントやキャラといったデコレーションの部分が最重視されるジャンルです(偏見かもしれませんが)。そこが足らないのはシステムが良くてもエロゲーとしてはマイナスでしょう。
なので今後デコレーションをフルボリューム化してシステムももう少し増強したバージョンを出してくれるならば是非買ってみたいと思っています。



いつも似たようなゲームばかりしていて、たまにはちょっと違うゲームをしてみようと思いエロゲーをセレクトしてみましたが、たまにはイイもんですねェ。
純愛モノじゃなくこんな非道なゲームを選ぶところがアレですがw

私はあまりPCでゲームをするってのが好きじゃないのと萌え系はあまり好まないので敬遠してましたが、ゲームとして面白ければ全て良しです。

ま、萌えを好まないっても、ぶっちゃけおっぱい見えてりゃ萌えでもAVでも生身でもオールOKなんですけどねw



ちなみにオマケ要素として任意の画像を嬢や客として登場させることも可能です。

はるうられ
※掲載用に画像を加工してあります。


ある意味ここが一番非道な部分かもしれんw



コメント
エロゲーでしたか、Pinさんのキャラとしては意外でしたが引きませんね。(PS3やXbox360のトロフィーや実績みてもそれらしいの無かったのはそういうことだったのですね。)

でも面白そうです。

あと、D.C.~ダ・カーポ~シリーズをお勧めしておきます。それは本編からはいるべきゲームです、(現在靴鮴作中ですね)
  • polga
  • 2011/09/05 11:03 AM
最近のアリスはこういう非道なゲームが不足してたのもあってなかなかいい作品でしたな。
ただやはり個人的には主人公はあの中途半端なやつよりも不良のリーダーっぽいの(名前忘れたw)にしてほしかったような

その点大悪司はいい主人公でしたわ
システムは逆客寄せパンダのメインヒロインの有用性に気づけばあまり考える必要がなくなるので
イベント増やしたバージョン出すならもう少し深みが欲しいですね
  • trnsbeat
  • 2011/09/05 2:48 PM
●polgaさん
いつもと同じものばかりやっててもツマんないですからね。
たまには違うものをチョイスしてみました。
D.C.~ダ・カーポ~っては名前だけは知ってます。
エロゲーでしょうか?

●trnsbeatさん
卑屈でコミュ力・やる気ゼロなのに女にモテモテという、いかにもな主人公でした。
悪司のような魅力はありませんでしたね。

私としてはもっと風俗シムとしての方向性を強くしたバージョンを望みます。
サカつくレベルなぐらいなのをw
  • 管理人
  • 2011/09/07 9:18 PM
あわわ。遅れましたw
なるほど、何て大人な世界なの…。やはりPCゲーを経験した方が良いんでしょうかねえ。

でも萌えの付くものを好まないことは十分に知っていたので、そうなるとまさか着手したのか?w と思ってましたが、やはり違いましたか。割かし予想の範疇を超えませんでしたので引く所か、やってたゲームの内容も見て、さすが兄じゃん!と思いましたよw
  • ミカサ
  • 2011/09/07 9:24 PM
●ミカサさん
私も滅多にPCゲーしませんから何とも言えませんがw
でもエロゲーにも良作があるのは確かですよ。

萌えが苦手なのは確かなんですけど、虹エロはなぜかOKなんですよw
でもどちらかと言えば陵辱系が好みという歪んだ性癖でもありましてw
  • 管理人
  • 2011/09/07 10:22 PM
エロゲーでもあるしPS2やPSPでは全年齢のギャルゲーとしても出ていますよ。

俺は颪硫嗣瓦箸海箸蝓鬚猟倉姉妹とななか、小恋と(P.S.やP.C.)まひるが好きですね。

あと、PS3でフレンド希望出してます。

と海外アカでGoWの体験版が普通のユーザーもDLできるようになりましたね。
  • polga
  • 2011/09/08 4:19 PM
機会あればプレイしてみます。

GoW3体験版はやってみたいのですが、あえてお楽しみは本番プレイの時までとっておきます。
  • 管理人
  • 2011/09/09 5:04 PM
へ、へ〜…僕、あまり詳しくないので、よくわからないのですが
「大悪司」レベルのゲームは、ほとんどないと思います。
ただエロいとか、シナリオが良いとかっていうレベルなら、たくさんあると思いますが
ゲームとしての出来まで考えると、なかなか難しそうですね。

ちなみに、このゲームは知りませんでした!
●いっしんさん

なにキョドってんですかw

シナリオが良いってのはコンシューマに来るんでしょうね。
あんまりソッチ方面は興味ありませんけども。

「大番長」は遊びやすくなっていて良かったんですが、売春パートが無くなってしまったのが大きなマイナスでした。

「はるうられ」を発見したのはたまたまです。
「大帝国」をやろうかと思いましたが、ライトなゲームが欲しかったのでスルーです。
でもいつかやりたいと思ってますが。
  • 管理人
  • 2011/09/11 10:51 AM
あれ?新しい海外版体験版はGoW3ではなくゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクションのやつですよ。

PSPとくらべてかなり綺麗になってるかなって感じでした。
  • polga
  • 2011/09/12 4:53 PM
そっちじゃなくてギアーズのことでは?
  • trnsbeat
  • 2011/09/12 7:28 PM
すいません、その通りです。
ギアーズ3と勘違いしていましたw
  • 管理人
  • 2011/09/13 8:48 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック