Counter

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

デッドスペース エクストラクション

届きました。

いや結構面白いですよ、こりゃ。
360版はハイデフなグラがウリの1つだっただけに、
「エクストラクション」は少々荒さが目につきますがゲーム自体はイケますね。

っていうかTPSだった前作と違い、こいつは「バーチャコップ」とかのように
勝手に進んでいくレール型シューティングなのでゲーム自体は別物です。
ま、それだけに「デッドスペース」で一番評価された
「恐怖感」が大幅減となったのは否めませんが。

しかし、人体欠損は無いモノの人はガンガン死ぬし殺されるし基地外だらけだわ
肉片はアチコチに落ちているしで、なぜこれがD区分?なんでしょうねェ?w



今までいろんなゲーム買ってきましたがレールシューターは初めてだったりします。
アーケードではよくやりますが、コンシューマ版は買ったことありませんでした。
やはり単発でパッと楽しんでサッと終わるジャンルだから
じっくり取り込む家でのプレイには不向きだからという認識でしたので。

「エクストラクション」買ってプレイしてみて、アーケードレールシューターと
大きく違うと気づいたのが「リロードの早さ」です。
アーケードレールシューターは私の知る限りではどれもリロードは一瞬で終わります。
画面外を撃つとか遮蔽物に隠れるとか。

しかし「エクストラクション」はどの武器も若干のラグがありまして
これが非常にもどかしく、ゲームへの焦り・緊張・敵への恐怖感へ繋がっています。
(付け加えるなら攻略のポイント、ハイスコアへの道へも繋がっているのでしょう)

対してアケのレールシューターは「爽快感」を前面に出すゲームデザインのため
リロードはほとんどおまけみたいな扱いです。
銃器を扱ってるから「らしさ」を出すためだけにリロードシステムがあるだけで
セガの「ガンブレードNY」のようにそれすら無いものも存在します。
(専用筐体でモニタが大きいのも爽快感のためです)


数秒のラグがあるか無いかで、かなりプレイ感は変わるもんなんだと感心しました。
これがもしアーケードのように一瞬で終わるならば、爽快感は増したでしょうが
緊張感ってのは全然無かったでしょうね。
「デッドスペース」ってタイトルを考えると、ラグありにして正解かと思います。


でも、凄くもどかしくて「早よせーや!」とイライラしちゃうけどさw


コメント
コメントする