Counter

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『朧村正』レビュー

朧村正


むかぁしむかしある所に、妖刀を手にした若者がおったそうじゃあ〜



私は基本的にゲームのグラフィックなんてのはただの包装紙と思っていますので、グラフィックが美しい!なんてのはあまり評価しません。
特に写実的なものはすぐ見慣れますし。
しかし、まれにそのグラフィックに誘われて買ってしまうゲームがあります。

今回の「朧村正」がまさにそれ。何かの紹介記事で富嶽三十六景風神雷神の屏風絵をモチーフにした背景グラフィックを見た瞬間に「買いだ!」と即決でした。
開発元のヴァニラウェアは美麗な2Dグラフィックに定評のあるディベロッパーでしたが今までここの作品はプレイした事がなく今回の朧村正が初プレイとなりましたが、グラフィックはもとよりプレイ感もすこぶる良くとても満足出来る作品でしたので今後とも要注目でいきたいと思っております。


遊郭の夜桜、すすきの原、荘厳な寺社、陰鬱な山道、心安らぐ峠茶屋、荒波の海原、清涼な沢、寒風吹きすさぶ雪山と美しき日本の原風景が壮麗なタッチにて描かれています。
が、やや使い回しが多いのも事実(マップ構成も含めて)。ここはもうちょっとバリエーションを増やして欲しかったですね。

朧村正は背景画が素晴らしいほかにキャラも実によく動きます。主人公達もザコも躍動感バッチリですし、鬼や入道などのボスも力強い!3Dのデカキャラとはまた違う迫力があります。
ついでに言えばマッチョキャラの筋肉表現が異様にイイ感じw 駕篭かきなんて板垣漫画に出てきそうですよw

さらに食べ物のアニメーションがまた凝りまくり!やたらにプルップルのぷりんぷりんw
肉厚お揚げのきつねうどん! ドデカいエビの天麩羅そば!
ああッ!食いてェー!となること請け合いです。


例えば「GTA IV」「Fallout 3」、最近では「Killzone 2」など圧倒的に美しいグラフィックのゲームが次々リリースされ、写実的なグラフィックはもう行き着く所まで来た感がありますが、こと2Dグラフィックにはまだまだ開拓の余地がありますね。



帯引きは男のロマンです!



基本は攻撃ボタン連打でどんどんサクサク進みます。無双モードは「初心者でも安心」というだけに相当ヌルい。ラスボスもそんなに苦労しませんでした。何度かやられたことはありましたが、直前よりの復活なので死に対するペナルティも全然無し。
単純に俺tsueeeeeeeeeee!!!したいなら文句なしでしょう。
対して修羅モードはとても手応え有り。と言っても解説に「心の折れない人向け」とありますが、そこまでムチャにムズい訳ではありません(刀は折れまくりますが)。
中盤頃になってちょっと操作に自信がついてきたら試されてみてはいかがでしょう?
この間口の広さは評価したいですね。
ただ死に対するペナルティはもうちょっと何かあっても良かったかと思います。

それとレベルアップしても強い刀を作っても、あまり「強くなった」という感じを受けませんでした。ザコもそんなに種類豊富な訳じゃなく忍者やら天狗やらと何度も戦いますが、こちらのレベルに対する補正がかかっているらしく、最初から最後まで同じぐらいの手応えのザコが出てきます。なので最初は手こずっていた敵が今ではイチコロなんてことがありません。(プレーヤー自身のレベルアップは別として)
アクションゲームですからある程度の手応えがあるべきなのは分かりますが、その分成長を感じる事がスポイルされたのはちょっと残念ですね。

妖刀も108本とかなりの数がありそれぞれの特性・必殺技がありますが、それを吟味するまもなく次々取っ替え引っ替えしますので、1本1本のありがたみが薄いのもまた勿体ないかな、と。
20-30本ぐらいの数でそれぞれの刀を熟慮しつつプレイするスタイルの方が良かったかもしれません。

システムはおおむね良い出来でしたが、移動が少々めんどくさいのが残念。
京から武蔵(江戸)までいくつかのマップに区切られているのですが、物語の展開上では5-6マップ分ぐらい移動しなければならなかったりしますが、新規の場所ならともかく一度通った道は一気にすっ飛ばせるシステムが欲しかった。一応、駕篭や船という移動手段もありますが、一方通行だったり乗車拒否とかでなかなか思う方向へは運んでくれません。


シナリオもなかなかイイ出来でした。
朧村正は2主人公につき3エンディングのあるマルチエンディングですが、私としては鬼助(男主人公)の通常エンドが良かったです(真エンドは未見ですが)。
劇中でも狂言の「附子(ぶす)」や落語の「まんじゅうこわい」などの話がちょろっと挟まれていたり、大鬼の言動がまさに昔話のソレだったりと、どことなく懐かしさを感じられるのもまた楽し。
もちろんお約束の悪代官&越後屋トークもあり。かどわかした町娘の帯を引っ張ってア〜レ〜!というのが無かったのは残念でしたがw

秋には北米でも発売されるそうですが、六道輪廻やお稲荷さん、四十九日など日本式の仏教や神道の下地ありきで書かれたこの物語。どう評価されるのか楽しみです。



エロ要素は重要です



登場キャラクターも魅力的な面々でした。
純粋な善も悪も存在しないのがまた日本的といえるかもしれません。人間はもとより龍神も地獄の鬼ですら完全ではないところが。

それと女性キャラ群のカバー範囲の広さもまた特筆すべきかとw
女主人公の百姫は江戸時代なのになぜかニーソで絶対領域というコスチュームで、もう1人のヒロインは幽霊馬を駆る鎧武者。さらにロリっ子修験者に妖艶な花魁(くるわ言葉がまた良い)。人外では巨乳のキツネ娘×2(ネコ耳ならぬキツネ耳)に人魚とほぼ全裸のマッチョな雷神!

朧村正 雷神
「Theガッツ!」かと思いましたw


エロ要素もぬかりなく。
エロといっても、タッチペンで魔女っ子をつつきまくったり甲冑娘をアーマーブレイクでひん剥いたり風呂場でバナナ食うようなものではなく、温泉で女性キャラの腰ラインが見える程度のソフトなモノですが、やたら頻繁に温泉に入れます(要は回復場所)。
むしろ食事するより多いぐらいに。

でもね、アクションゲームで要所要所でエロ要素が入るってのはイイんですよ。
ハードなアクションで興奮して頭に上った血液を下にさげる効果がありますからねw



美しいグラフィックに和テイストあふれるサウンド、練られたシナリオに間口の広いアクション。Wiiで上質のアクションをお求めならば「朧村正」は断然おすすめです。
続編もまた出るっぽいのでそちらも期待しています。



Wii『朧村正』応援バナー 弓弦葉

にほんブログ村 ゲームブログへ

コメント
いやー、おもしろそうですね。グラフィックもいいし。でも、最初は読めませんでした(笑)なんて読むのか、わからなかったのです。
428もやりたいのでWiiが欲しいです。360じゃなくてWii買えばよかったです。まあ360もいいソフトいっぱいありますが。でもポスタル3でないしなあ。

428は、あんまり売れてないようで残念でした。
売れまくってくれれば、街2もあったかもしれないのに。
街は、その後に売れた人が何人かいるので、ギャラが心配ですしね。




  • パピン
  • 2009/05/08 9:12 PM
お疲れ様でした。
日本のこの和の良さを存分に体現している、といった感じでしょうか?いいですね、こういうのは絶対必要ですね。我々日本人ですからw


風呂場でバナナはもう何の釣りだろうとwww 私が来ないわけがありませんwww 

いや、でも確かに厳しい局面、緊張感は長く続かない(続けられない)のも確かですし、俗にいうオアシスは必要ですね。分かります。だからニンジャガは乳がデカかったのかと今思ってみる。(製作者の趣味だけじゃない、とw)
  • ミカサ
  • 2009/05/09 12:00 PM
●パピンさん
確かに難しいですよねw
朧村正も428もどちらもオススメですよ。
でもまァWiiと360とどちらが良いかと言えば、どういうゲームを好むか、によりますので
一概にはどっちとは言えませんね。
POSTAL3を楽しみにされてる方なら断然360でしょうがw

●ミカサさん
私は和物好きですので、こういうゲームはたまんないですよ。

それにエロは必需ですw
ロシアン美少女ゲーがパンツ面積の差でPS3より360を選ばれるのも
また当然の帰結なのですッ!w
  • 管理人
  • 2009/05/09 6:48 PM
コメントする