Counter

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『Dead Rising(デッド ライジング)』レビュー


Dead Rising

由来はカプセルコンピューター

ゲーム好きなら誰もが知っているメーカーカプコン
84年創業でインベーダーの頃からやってるゲーマーなら比較的新しい会社という認識ですが、この会社の面白いところとして、異様にクオリティの高いゲームを思い出したかの様にポロッと出してくるという事が挙げられるのではないでしょうか。
オールゲーマーの心に残る「魔界村」、アーケードゲームの趨勢を一気に変えた「ストリートファイター2」、3Dアクションアドベンチャーの指針となった「バイオハザード」
最近のタイトルではテキストアドベンチャー復活の狼煙「逆転裁判」、PSPの唯一神「モンスターハンター」等々。ヒット作をを述べれば枚挙にいとまがありません。
そしてそのカプコンがX-box360でやってくれました「異様にクオリティの高いゲーム」がこの「Dead Rising」です。


屍人楽園

主人公フランクは戦場カメラマン。突如ゾンビの街と化してしまった人口5万人強の小さな街、コロラド州ウィラメッテに単身乗り込みその謎を証していく、というストーリーです。
ゲームジャンルがゾンビパラダイスというだけあって、まさにゾンビゾンビゾンビ!序盤こそ数は少ない物の時間が経つに連れ数が増え、終盤の地下等はまさに地獄絵図
360の処理能力の高さを見せてくれます。

しかしあまりにハードに負荷がかかるために不具合率3割のX-box360ではこのゲームで故障・不具合機が続出!まさに二重の意味でのキラータイトルであります。
ちなみに私の360も「Gears of War」では何の問題も無かったのに、「Dead Rising」ではフリーズ出まくりであえなく修理行きとなってしまいました。
(それで具合が良くなって帰ってきたので結果オーライですが)


ゾンビが出てくるだけあって一応は「ホラー」の部類ですが、そんなに怖いゲームではありません(グロ要素や恐怖感を煽る描写はありますが)。
ボス・中ボスとして主人公の前にはだかるのはいずれも生身の人間です。
死して自我を失ったゾンビではなく、ストーリー上の登場人物にボス、そして生存者も含めた様々な人間模様の中にこそこのゲームの真のテーマがあるのです。

ヒロインも巨乳メガネ南米系艶女(アデージョ)というツートップで隙がありません。


はらわたをえぐり取るブリーフ男

このゲームの良いところは実に丁寧に作られている舞台で好き勝手に暴れられるという点でしょう。
ショッピングモールだけあって衣類・食品・玩具・書籍・武器と様々な商品で溢れていますが、それらを自由に使えます。殴って武器にするのは基本として、
パイを顔面にぶつけたり、ボーリングの球を投げてストライクをとったり、
熱したフライパンでゾンビの顔をジュゥ〜っと焼いたり
とお遊びプレイも充実!

衣装も様々用意されており、色んなコスチュームを楽しむ事が出来ます。
私は1週目はロックマンヘルメットぴちぴち子供服というキッズ・モードでクリアし、
2週目はスキンヘッドふわモテ系春ワンピ
3週目はパンツ一丁でクリアしました。
しかもその衣装のままイベントシーンが進むのでシリアスなシーンもばっちり台無しw

ノンプレーヤーキャラの視点から見れば、ゾンビ襲来から救ってくれる頼れるタフガイはブリーフ姿で女性の胸の谷間を撮りまくっている変態野郎という状況だったのです。


プレイスタイルが自由に振る舞えるのも良いところです。素直にストーリーを追っかけて行っても良し、己の肉体のみを頼りにゾンビ共を蹴散らして廻るのも良し、あるいは安全地帯から一歩も出ずに時間一杯まで過ごすのもまた1つの遊び方です。

序盤でこそ体力も低く攻撃力もない主人公ですが、レベルが上がるにしたがって次々と技をマスターし、Lv50に達したフランクはまさに鬼神の如し
ジャイアントスイングでゾンビをブン回し、フェイスクラッシャーで頭部を叩き潰し、
ボディブローで臓物を掴み取る様はまさに世紀末覇王!

しかし私としてはもっとはっちゃけて欲しかった気もしますね。
ゾンビの群れに向かうにしても結局は数に潰されてしまうので、昇竜拳や竜巻旋風脚などで数に対処する術が出来るとなれば、ゲーム当初は「ホラーアドベンチャー」、ヤリ込んだら「ゾンビ無双」として一粒で二度美味しいゲームになれたのでは?と思います。

武器を使えばそれも可能ですが、どうせなら拳で語りたいですよねェ?w


明太スパでも可

このゲームは日本国内で開発されたにもかかわらず、かなり海外を意識して作られたゲームです(360で開発する時点で海外重視してるって事ですが)。ですのでかなり洋ゲーのテイストがちりばめられていますし、実際に「Dead Risingは洋ゲー」と認識してる方も多いようです。
しかしそういった装いをしてはいますが、これは紛れも無く日本人が作った和製ゲームでした。

理由として幾つか挙げられますが、まず「ストーリーの進め方がまわりくどい」
メインシナリオを進めるにはキチキチと時間に縛られた行動を促されます。ポイントとなるイベントをこなさないとメインシナリオの進行は断念させられてしまうのです(ゲームは続きます)。

次に「美形キャラのキャスティング」
今の世代の機械になって表現力が上がり一層ビジュアル偏重になっているにもかかわらず、「イーオン・フラックス」などの映画原作有りを除けば洋ゲーには殆ど美形は出ません。ぱっと思いつくのは「Gears of War」のアーニャ、「God of War」のアテナぐらいでしょうか?(しかもどちらも僅かしか登場しないw)
「Tomb Raider」のララ・クロフトは…ノーコメントでw アンジェリーナ・ジョリーは好きですが。

仮に「Dead Rising」が国内重視でPS2とかで出されてれば、巨乳メガネと艶女はどちらもティーンエイジャーでドジっ娘メガネツンデレお姉様だったのは間違いないでしょうw

そして最後の理由として「ディテールが細かい」
洋ゲーが大味・大雑把・不親切ってのは二世代ぐらい前の話しで、ここ近年の洋ゲーは和ゲーと遜色ない作り込んだ物も多々出ていますが、この「Dead Rising」はそういった状況を踏まえても、細部まで手の入ったいかにも「日本人の作ったゲーム」です。
今時のゲームにしてみればマップはかなり狭い方ですが、その分、店舗や内装、キャラの作り込みに「手触り感」。仕事の細かさが見て取れます。

「Dead Rising」は和の匠が洋風のスタイルを装い作った、
まさにゲーム界の極上照り焼きバーガーなのです。


カプコンは360で「Dead Rising」以外にも「Lost Planet」で高い評価を受け、さらに今後の展開として「バイオハザード5」「デビルメイクライ4」をPS3とのマルチ販売を発表し、日本のメーカーで次世代機種への取り組みは一歩抜きん出た印象を受けます。

国内でDS用のちょろいエデュケーション物を出して小銭を稼ぐ小賢しいメーカーが多い中、カプコンのこういった姿勢は評価に値するでしょう。
ワールドワイドで(任天堂以外の)和製ゲームの地位低下が危惧される中、カプコンの今後には大いに期待したいと思います。


にほんブログ村 ゲームブログへ

コメント
クリアしました!
プレイ前は「ショッピングモールを舞台にしたゾンビ系GTA」かなと思ってましたが期待を裏切られました。
メインイベントのゲーム進行は和ゲー。プレイヤースキルを上げて戦う過程はまさに洋ゲーです。

ナビが使いづらくマップ見たほうが早かったり、エイムしてる最中に攻撃されたり等のシステム面で不親切な点が残念です。

「LostPlanet」も韓流スターを使いながらも、海外市場をしっかり意識した洋ゲーでした(日本テイストはモビルスーツだけ)。

大量の武器やモビルスーツを使ってスターシップトゥルーパーズのバグを駆除するようなイメージです。

バイオ5に期待大です。
  • dd
  • 2008/12/12 12:49 PM
>メインイベントのゲーム進行は和ゲー。プレイヤースキルを上げて戦う過程はまさに洋ゲーです。

まさしくそうですね。
和洋両者の良いところを上手くミックスした良ゲーだと思います。

ロスプラは未経験です。
評価がよいのでちょっと気にはなってますけども…どうでしょう。
しかし360に韓流スターって何を考えてカプコンはキャスティングしたんでしょうw
  • 管理人
  • 2008/12/15 1:40 AM
>評価がよいのでちょっと気にはなってますけども…どうでしょう。
洋ゲーと和ゲー(複数タイトル)の良いとこ取りという感じでした。巨大な昆虫ボスとの戦いが楽しかったです。

超巨大ボスとの戦いや、赤いアイツが非常に強かったり、最後の戦いでは主人公の○○が××しましたね〜。

韓流と罰箱ユーザーって絶対に交わらない線だと思うのですが、意外に違和感はなかったです。
  • dd
  • 2008/12/18 3:41 PM
なるほど、かなり良さげですねェ。
ま、何にせよしばらくは予定キチキチなのでプレイ出来ませんが、
余裕あれば是非やってみたいと思います。

情報ありがとうございました。
  • 管理人
  • 2008/12/19 1:38 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック