Counter

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『The Warriors(ウォリアーズ)』レビュー


warriors
*日本未発売

上映中止にもなった映画のゲーム化
1979年公開されたウォルター・ヒル監督の作品「The Warriors(邦題は「ウォリアーズ」。ウォーリアーズではない)」のゲーム版です。1979年の映画を2005年にゲーム化という掘り起こしっぷりが素敵ですね。
数々のギャング団がひしめき合うニューヨーク、大集会が行われる中で起きたカリスマリーダーの銃殺事件にチーム・ウォリアーズが濡れ衣を着せられます。彼らは縄張りであるコニーアイランドまで生きて戻れるか!?という内容です。
過激なバイオレンス描写
が話題となり、劇場で殺傷事件が起きてしまうと言うハプニングのために上映中止にもなった超問題作です。
…っていうか私は全然知らない映画でしたが、知名度はかなり低いのではないでしょうか?同じウォルター・ヒルの同時期の映画でも「ストリート・オブ・ファイヤー」を採用しない偏屈さがRockstarGamesっぽいと言えばそうなのかもしれません。

文字通りの「クライムアクション」
このゲームの主人公は「ウォリアーズ」なので、特定の誰というものはありません。ステージ毎にメンバーの誰かが主人公となります(個体差はあるっぽいけど、あまり差はない)。「そこそこの」長さのほぼ1本道マップをシナリオを追っかけて進んでストーリーを進めていきます。
このゲームの大きなポイントは2つ。「色んな犯罪が出来る」「リンチ・乱闘の多人数バトル」です。

まず出来る犯罪は傷害・殺人を基本として、道を歩く歩行者を羽交い締めにしてカツアゲし、車のガラスを割ってカーステを盗み(ネジ回しをするようにアナログスティックをくるくる回せ!)、敵対チームのグラフティ(壁の落書き)を見つけたらウォリアーズの「W」を描いてやり、店の入り口にかかった鍵をピッキングして押し入り、中にある商品を奪いまくり!
ポリに通報されたら撃退だッ!警棒を奪い取って殴り殺せ!!うぉッ!逮捕されちまった!しかし、すぐさま仲間が助けてくれるぞ友情パワ〜!!
他のギャング団との抗争が激しいニューヨークでは1人では生きてゆけません。ですので、殆どのバトルは複数vs複数!大乱闘の中、材木を振り回せば敵と一緒に仲間も吹っ飛ぶぜ(ご愛敬)。羽交い締めからのコンビアタックも強力だッ!アジトで体を鍛えて喧嘩道を駆け昇れ!!!

多人数GTAかと思いきや…
様々な犯罪が出来るって背徳感満点で楽しいッ!…しかしそう思えるのは最初だけです。すぐ飽きます。カーステ・強盗・グラフティは「用意されている場所」でしか行えません。おめーら、ここで遊べと遊具を置かれているだけです。それにそもそもそれら犯罪で得たお金は基本的に「スプレー缶」「回復アイテム」しか買う物がありません(イベント等によりお金を必要とするシーンあり)。それに使い道が極限られている上にステージクリアするとそれっきり。持ち越しは出来ません。これじゃあモチベーションも下がるってもんですわ。

しかし、乱闘バトルは最後まで楽しかったですね。こっちが「やや強い」レベルなので、ストレスなく一方的でもなく不利な人数を蹴散らしていくのは最後まで楽しめました。ボス戦ではかったるいだけってのも幾つかありましたが。
「Manhunt」のように「暗がりにいれば見つからない」というシステムもありますが、横移動が出来ないのとゴリ押しで行けてしまうゲームなのであまり消化しきれてないのも勿体ないなって感じです。
移動は徒歩のみ、武器は銃器無し。限られた狭いエリアでシナリオを進めるためのマーカーを目指しつつ、要所要所でグラフティ描いたりカーステパクったりして喧嘩に明け暮れる、そんなゲームです。
GTAのように自由に広々遊べるゲームではありません。

乱闘物の続編求む
期待が大きすぎたのかな〜という感想ですね。とにかく自由度が低いです。
グラフティとかもっと自由に描けたり、お金も色々使い道があったり、マップももうちょっと好き勝手に行けて、「こんな所にこんな物が!」みたいなサプライズをちりばめていてくれたらとか考えます。
それぞれのネタはイイけど、もうちょっと広げて欲しかった。と言うところです。

クリア後、ビデオ屋で「ウォリアーズ」探してみましたが…ありませんねェ。古いし知名度低いしで生存率は低そうです。ゲームはのストーリーは映画のストーリーの前の話からラストまでなので話はだいたい分かりましたが(たいしたお話しじゃないけど)、やはり一度は観てみたいです。

ニューヨークの街が非常に暗〜く廃墟のような描かれ方でしたが、それも当時の時代というかそういった空気だったのでしょうか。

コメント
m(__)m
お聞きしたいのは二つ
クリアしていくと、何度かアジト?へ帰りますよね?
アジトの周りでもストーリーと別にゲームがあるのですが、
ドラッグの売人からドラッグもらってをドラッグしこたま吸って、ラリってる状態になります
地図上に黄色の丸に黒字でMが表示されるので、そこを目指しましたが、何か他にしてからでないとOKでないようです、わかれば教えて下さい
ミッション14で
後ろから車に追いかけられ逃げる、場面なのですが、Lと△、×のキーを使うようなのですが、
英語がさっぱりなので何がどうすれば良いのがわからないのです
覚えておられたら教えて下さい
  • マキシム
  • 2010/04/28 1:11 AM
プレイしたのはかなり前なのでかなり記憶もあやふやですが…。


Mマークは連れて行く仲間の人数ではなかったでしょうか?
あるいは仲間以外の誰かを連れて行くとか?


ミッション14は全然覚えてませんので、GameFAQsのウォークスルーをExite翻訳してみました。
http://www.gamefaqs.com/console/ps2/file/919172/45869

-------------------------

この部分では、あなたがターンブルACsのバスによって追いかけられています。 全速力で走り続けるためにL2を押さえてください。 箱とプレス三角形を通して充電して、すばやくフェンスを跳び越すようにXに強要してください。 部分をねじで締めると、あなたはたぶんバスによってひかれるでしょう。 2プレーヤーゲームに、プレーがバスによってだめにされるなら、ゲームは終わります。 ゲームは先で障害の有利なスタートをあなたに与えるためにはテレビのボタンをひらめかせるでしょう。 レベルの最終部分では、あなたが、より多くの1回の間、バスによって追いかけられます。 ただ端に達するまでXボタンを潰し続けてください。 ウォリアーズは、列車に間に合って、お祝いされます。

------------------------
日本語的におかしいですが、なんとなくは分かるかと。
いかがでしょう?
  • 管理人
  • 2010/04/29 2:46 PM
ありがとうございます
バスの方はわかりました!
クリアはまだですが

ドラッグの方は黄色じゃなく紫でした!
  • マキシム
  • 2010/05/03 1:02 AM
お役に立てて何よりです。
しかしMマークは…何だったけなァ?
  • 管理人
  • 2010/05/04 1:57 PM
返事遅れました、ごめんなさい
大概、その地点に行くとか、そこで何かをするとか、何かが置いてあったりなんですがねえ
行っても何もないし、何をするっても店を破壊するのか何なのかと
ちょっと身内が入院しまして返事出来ませんでした、すいません
  • マキシム
  • 2010/05/11 7:51 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
こんにちは。この度、人気のモデルダイエット【モデダイ】の感想HPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。ぜひ訪問いただければ嬉しいです。
  • モデルダイエット【モデダイ】の感想
  • 2007/03/08 12:02 PM