Counter

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

Review

【洋ゲーレビュー】

【和ゲーレビュー】

Game Award

selected entries

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

『Gears of War(ギアーズ オブ ウォー)』レビュー


ギアー ズ オブ ウオー


もう1つの「GOW」


ゲームで「GOW」といえばプレステ2の名作アクション「God of War」のことを指していました。
高いゲーム性と美しいグラフィックと音楽で非常に高く評価された作品です。
しかし去年の秋よりもう1つの「GOW」が注目される様になりました。
それがこの「Gears of War」です。
発売されるやいなや僅か3週間でトリプルミリオンを達成し、2006年度のあらゆるゲーム賞を総なめ。一躍マイクロソフトの金看板「HALO」と並ぶかあるいはそれ以上の存在となりました。

映画化も決定しましたので、数年後日本で公開される時には毎度お馴染みの
「全米興行収入No,1」というキャッチフレーズと共に
「感動しました」
「今年一番!」
「ギアーズさいこー!いえー!」

と必要以上にノリノリなビッチさん達によるTVCMが見れる事うけあいです。


汚泥にまみれた美しき世界

舞台は地球によく似た惑星セラ。掻い摘んで言えば、
ある日突然地底人が攻めてきた!ぶっ殺せ!というのがストーリー。
ガソリンで動く6輪車や実弾系銃器などある程度現実的な物が存在する反面、衛星レーザーや浮遊するアシストマシーンが登場するちょっと変わった世界観となっています。

ゲームデザインはFPS(1人称シューティング)・TPS(3人称シューティング)などのドンパチ物が大好物なアメリカンが積み重ねてきた上で出来たシステムですので仕上がりは完璧。アクションはAボタンのみでまとめられ操作感も上々↑↑。
銃撃物に慣れてない私でもすんなりマスター出来ました。

グラフィックも圧巻の一言。
崩壊した世界でムサい野郎共とグロテスクな化け物とが闘う物語なので、そのグラフィックは汚くも美しい。特に夜の雨のシーンなどの臨場感は筆舌に尽くしがたいものがあります。
敵やキャラクターデザインもまたイカしてます。COG隊のどういう意味があるのか分からない無駄に重たそうなボディスーツもカッコイイですし、6輪車もバカっぽくてステキ。それにやたらグロい風貌の地底人ローカスト共もヤバすぎです。
そしてなんと言っても最高にシビれるのがメインウエポン「ランサー COGアサルトライフル」
この武器こそが「Gears of War」を最高にイカれたゲームたらしめていると断言出来ます。
そのアサルトライフルにはなんとチェーンソーが装備されており、中程度のローカストなら一撃で肉塊にしてやれるのですッ!!


敵刺す・チェーンソー

銃にチェーンソーて!
あまりのアメリカンバカな発想に畏怖せざるを得ないッ!日本のゲームデザイナーには絶対思いつかないでしょうし、よしんば思いついたとしても上に冷笑されて却下される事間違いなしッ!
「Gears of War」でのチェーンソー導入の是非を議論するために開発会社とマイクロソフトの間でチェーンソーミーティングが行われ、結果採用されてゲイツ閣下もご満悦という心温まるエピソードすらあります。

文化の違いと言えばそれまでですが、何でアメリカンはそんなにもチェーンソーLラブVEなんでしょう?それで人を切るって発想がまず分かりません。
日本人が日本刀を愛する様なものなのでしょうか?
恐らくアメリカには代々チェーンソーを作ってる家系があったり、
マフィアの事務所にはチェーンソーが必ず備え付けてあったり、
歴史上の人物が使ったと言われる名のあるチェーンソーが歴史館に陳列されている
に違いありません。

お陰様で私もチェーンソーLラブVEになっちゃった訳ですがねw
肉片がッ!血飛沫がッ!


ギアーズ、ふしぎ発見!

不満はあまり感じませんでした。操作感・爽快感もバツグンですし、難易度もカジュアルだとイイ塩梅でした。
ただ仲間のAIは悪い方じゃないとは思いますが、時々地形に引っかかったりしてましたし、自分自身も地形や仲間に挟まれて動きがとれなくなったりしたことがあってリセットせざるを得なくなった事がありましたのは残念。
それと敵と仲間との見分けがつきにくいってのもありましたね。背格好が似てるってのもあるのでしょうが、遠くで「敵が動いた!」と思ったら仲間だったってのは良くあります。仲間に弾は当たらない仕様なのでそんなに問題にはありませんが、仲間が戻ってきたと思ったらそれは敵で、あッ!と思った時にはすでにミンチ…ってのもしばしば。

唯一の女性キャラ、アーニャ少尉もほんのちょっとしか登場しなかったのも残念と言えば残念。
とにかく男度高いです、っていうかオッサン度。ゲーム画面を臭ってみると血と硝煙と外人臭でむせてしまいそうなほどですw
「God of War」のクレイトス先生もかなりのマッチョマンですが、ギアーズのキャラは筋肉に加えて等身が低いのが多いので余計に筋肉の塊っぽく見えます。

しかし、どっかで見た様な体型だなと思ってましたが、思い出しました。この人です。
草野仁
是非とも映画版「Gears of War」に登場して欲しいなと思う今日この頃です。
マーカス役は無理ならば頭丸めてキム役とかでどうでしょう?プロデューサーさん!
腕っ節もガチで文句なしですよ!?

草野仁 in Gears of War
ほら、違和感ないでしょう?w


にほんブログ村 ゲームブログへ



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック